和田さんが砂糖を摂らないというのでちょっと調べました。

奥山真司の地政学「アメリカ通信」

を見ていると、和田さんという方が毎回出演されています。
(お父様が読書好きだったらしく、ご自身もその影響で子供の頃から本を読んで現在の活動に繋がる思考を得たようですおそらく)

和田さんは実業家であり、渡辺昇一氏とも親交があったり、出版に関わったりなど、

いわゆる、チャンネルくらら(毎日18時更新) - YouTubeの憲政史家、倉山満さんや経済評論家の上念司さん等の活動を実業家さんがしている感じでしょうか。

 

その和田さんがですね。
”奥山真司の地政学「アメリカ通信」”のとある回で「砂糖は摂っていません」という事を言っていました。

砂糖だったか精製糖だったか、ともかくスーパーでよく置いてある白砂糖の事です。

三温糖とか白砂糖の事です。

これ、なんでかなあと興味があって、調べてみました。

 

[白砂糖(精製糖)はミネラルが抜けた純粋な多糖類だった]

サトウキビやてんさい(大根の1種)を絞った汁は甘いのですが、白砂糖精製はそこに添加剤を使いミネラルなど不純物をを抜きます。
なので果物よりも甘いのですが、お口の中に入れるとミネラルがないものですから歯のカルシウムを溶かして結合し安定価を得ます。

つまり、歯を溶かします。

YouTubeなどで「コーラは歯を溶かすのか」とかそういう実験系の動画がちょこちょこアップされていると思いますが、歯を溶かすのは炭酸飲料の炭酸ではなくお砂糖の方でした。

 

[脳で使うのはブドウ糖であり単糖類だった]

脳で使うのはブドウ糖です。
糖尿病の方が使うブドウ糖タブレットブドウ糖です。

ブドウは糖の成分としてはこれ以上分解できないという構成の単糖類です。

それに果糖も単糖類です。

このブドウ糖と果糖が結合したものが多糖類であるショ糖で、白砂糖はショ糖です。

分解に時間がかかる為糖質の吸収が遅く、血糖値の上昇がゆるやかなのは多糖類の方です。

 

[糖新生でケトン体]

 

 

[人工甘味料は炭素と結合すると有毒物質になる]

シュガーレスなどカロリーが少ない甘味料がありますが、それは体内で炭素と結合すると有毒物質になるそうです。

 

原付の直し方 レッツ4 トゥデイ バッテリー 交換 篇

 

トゥデイのバッテリー交換の記事を書くと言ってから数カ月、
今回レッツ4のバッテリー交換の必要にせまられました。

レッツ4のバッテリー交換もトゥデイのバッテリー交換も根本的に同じなので(ビス位置がどことかバッテリー収納部が何mmの所にあるかとかは違いますが)、併せて書こうと思いました。

 

 

台風が近づいていた10月の長雨が続く日。
出退勤時に交通量の多い整備された国道を使わず、毎日のように裏道を走っていました。

そうすると雨の中、水たまりを「バシャーん」と、水陸両用車輛でもないのに走っていたわけです。

そんなある日。
「あれ?エンジンがかからない」

「雨の中水たまりも関係なく走っていたから、電気系統が水に浸かったかな?」

結局、仕事に遅れるわけにはいかないので2日間だけ出勤時にタクシーを使いました。

 

[バッテリー交換しないといけなくなった状況・症状]

・ハンドルの所の押しボタンセルでエンジンがかからない

・セルでエンジンをかけようとすると、小さい音で「ジジジジジ」などの音がしている

・左右ウィンカーは最初は「カッチカッチ」と点滅が普通だが、すぐに点灯しっぱなしになったり、もしくは消える

・キックでエンジンがかかる、もしくはかかりそう

 


[バイクいじりが趣味の青年に救われた]

で、そのタクシーで出勤した仕事先でたまたま一緒に仕事をしている青年がバイクいじり好きだったのです。

しかも、知人からお金を取って修理する程度のスキル。
そこで、「バッテリーを交換すれば直るかもしれないです」と。

しかも、「キックでエンジンがかかるかもしれないですよ」と。

※この時点で私にはキックスタートを試すという思考がなかったので朗報でした。
 「あ、そうか」と。

で、帰ってからキックスタートを試してみると、エンジンかかりました。
それで、某所に停めていたのですがそこから自宅まで原付で走行してかえりましたとさ。

しかし、めでたしめでたしではなかったです。
「お、キックでかかるから3時間後にある仕事にも間に合うな」と思っていた矢先、
「お、キックでもエンジンつかない。エンジンかかったけど、ぶるんっぶるんっ、乗り心地はまるでロデオマシーンじゃないか」

というような事があり、結局またタクシーを使い、合計2回タクシーを使ったという結果でした。

その時点でどうやらバッテリーが底をつきたらしく、キックスタートであっても正常にエンジン走行できなくなっていたようです。

 

 

[4880円でバッテリーを買いました。]

アマゾンなら、台湾ユアサ製のバッテリーが2000円台で買えます。

しかしアマゾンでは発送到着までに日数がかかる、仕事があるしもうこれはしょうがないと。

そこら辺にあるお店で買うと1.5倍~2倍くらいの価格になるだろうけれどしようがない。
と、自宅から一番近いバイクショップでバッテリーを買いました。

 ↓ちなみにアマゾンですと

 

こんな感じです。

 

[まずはバッテリーの取り外し~規格まで]

レッツ4の足を乗っける部分のふたを外してみると、黒と赤の線で繋がっているバッテリーがあります。
これを外します。外すときは黒(-)を先に外して赤(+)を後に外すとか、自動車であれば順番があるようです。
車のボデーの金属部分がアースの役割になっていてマイナスだからだそうです。

ただ、トゥデイやレッツ4には外すときに接触するような金属部分もなく、どちらから外してもいいよと言われています。

までも、作法と礼儀に従って黒から外しました。(特に意味はないんですけどね。車体も収納部分もプラスチックなので)

私が使っているレッツ4に入っていたバッテリーの規格は、「FT4L-BS」でした。

この規格と、電圧(12V)とアンペア(3Ah)を紙にメモして向かった先は、

オートバイ用品専門 2りんかん(https://driverstand.com/tenpo/top/index2.html)さんです。driverstand.com

 

で、購入したのがこちら。

f:id:hanatayan:20171101090437g:plain

 

ドイツ製のAZBatteryです。
購入動機は、店員さんからFT4L-BSと互換性があると言われ、お店で1番安かったからです。

店内にあるユアサのバッテリーは1万円以上するとかで、いくら「国産なので信頼性が高い」と言っても高すぎるだろうと思い、「台湾ユアサのバッテリーは置いていませんか?」と尋ねたくなりましたが、「(そういった安っぽいお店じゃないのかな?)」とか思ったり、「(ドイツ製かあ。たまにはユアサ以外のものも試すのにいいかな。どうせ消耗品だし買い換える機会はたくさんある)」と思い、これを購入しました。

f:id:hanatayan:20171101090508g:plain

 

[バッテリー交換 実装]

1分で終わりました。

f:id:hanatayan:20171101090550j:plain

 

上の写真は新しいバッテリーを実装後の写真です。

いや、実際には
・古いバッテリーを外す(1分)

・バッテリーを買いに行く(1時間) 

・新しいバッテリーを装着する(1分)

で、買いに行く時間は省いても前後計2分でした。 

 

ご覧の通り、収納スペース内、及び車体自体もプラスチックなので電気的接触の可能性はほぼなく、+極から外そうがマイナス極から外そうがスパークしてヒューズが飛んだりとかは確かにしなさそうです。

 

使用した工具は、六角レンチと+ドライバーでした

 

以上、バッテリーの交換でした。

 

 

 

 

[ 関連記事 ]

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。

fpsゲームWORLD OF TANKSの実況動画です。
よかったら見ていってください。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

アサヒ クリアアサヒ吟醸をのんでみた。

コンビニで、「クリアアサヒ」の吟醸が置いてありました。

 

クリアアサヒ吟醸」というネーミングも、金地に黒いラインで吟醸というデザインにも惹かれたました。f:id:hanatayan:20171011031434g:plain

まずはじめに断っておきたいことは、私は生ビールで言うならアサヒスーパードライよりも「麒麟一番搾り」か「サッポロ黒ラベル」派です。

(もちろん、サッポロエビスとかサントリープレミアムモルツは別格ですがちょいと置いておきます。よなよなエールとか江戸ビールとかもとりあえず別枠です)
で、一番搾り黒ラベルかはその時々でハッキリしないですが、「キレ、サッパリ」よりもコクが欲しいタイプです。

 

で、だいぶ前にコンビニで第3のビールを何種類か買ってきて、自宅で1人で飲み比べをしました。
その時の感想は、「クリアアサヒは他社のものに比べて麦の香りが強いなあ」というものでした。

しかしこれがあまりあてにならないもので、飲み比べでその時思った感想と、後日飲んで思う感想が違う事が多々あります。

飲んだ時の体調や、例えば仕事でどれだけ疲れた後に飲んだかとか、もちろん飲む相手が違うとか、そういったものでだいぶ変わってくるのでしょう。
同じ1人で飲み比べをしようという設定でも、以前の感想とは違う評価になったりします。

で、第3のビールの飲み比べはいかに無駄かという事を感じていたりするわけです。

7年くらいしていないと思います。

お酒を飲むこと自体が読書の敵と言いますか。

 

それで今回のクリアアサヒ吟醸を飲んだ感想ですが、

クリアアサヒとの違いがハッキリわかりませんでした」

 

飲み比べなんて、第3のビールでやるものではない。

カルピスとコーラくらいの違いでやるとわかりやすい。

そういった事が思い起こされました。

 

違いがわかるかお試ししたい方は買ってみてください。

 

 

私には、飲み比べれば飲み比べるほど、クリアアサヒ、金麦、麦とホップ、の違いがわからなくなります。
違いというか特徴がですね。

酔いつぶれたからではなく、何度も別の日に試せば試すほどです。

 

 

 

続 EPA DHA 読書に良い栄養

つい先日EPADHAについての記事を書きました。

厚生労働省推奨の各摂取量は1g(1000mg)で、
EPADHAの多い食材である鮭をおすすめし、
食事の不足分をサプリメントで補えるよう記事を書いたつもりです。


[先日の記事]

hanatayan.hatenablog.com

 

しかし、あれからたった数日でもっとよい食品を見つけました。

それは、「さばの缶詰」ですf:id:hanatayan:20171010085103g:plain

マルハ さば水煮(150g)

DHA 1437 mg
EPA 1319 mg

エネルギー 213 kcal

f:id:hanatayan:20171010085207g:plain

マルハ さばみそ煮(190g)

DHA 2972 mg
EPA 1797 mg

エネルギー 401 kcal

f:id:hanatayan:20171010085604g:plain

ときどき仕事帰りに、ハックドラック系列のドラッグストアのウェルシアに立ち寄る習慣があります。

それで、たまたまさばの缶詰の栄養成分が気になり裏を見てみると、マルハの缶詰はDHAEPAの表示がされていました。
それで、「おお!」という気分になりました。

サントリーのそれ系のサプリメントの広告では、DHAEPAは破壊されやすく、焼き魚にすると80%減少するとか、揚げ物でも50%減少するとか宣伝されていたので、仮に青魚に100g中800mg成分があっても、焼き魚にすると160mgになってしまうなあと思っていました。

しかし、缶詰のこの成分表示の数字を見て、「おお!」と感動しました。
缶詰にこれほど成分があるというのは、おそらく製造方法によるものだと思います。

水煮や味噌煮を作ってからを缶に詰めて封をしているのではなく、缶に材料を詰めて密封し、その後に加熱しているのだと思います。
その為、栄養が漏れ落ちないようになっているのかと。

ということは、さば煮缶の中にある汁も残さず食すといいということですね。
なるほど、これはいい発見をしました。

 下記の商品は、24缶で¥2435+送料¥780で¥3215(1缶当り¥133.9)です。

 

マルハの製品ではないですが成文についてはEPADHAともに1000mgを超えていると思います。
私がウェルシアで購入したマルハのものは、水煮が¥108でみそ煮が¥140だったか。
アマゾンで買うよりもドラッグストアで買った方が安いかもしれないです。

よく分かる!読む年表 中国の歴史 岡田英弘著

今回のおススメは、岡田英弘さんの「よく分かる!読む年表 中国の歴史」です。

2017年に亡くなられた岡田英弘さんというと、宮脇淳子さんのご主人だそうです。

宮脇淳子さんはモンゴル史とその周辺に関して、YouTubeでおもしろい話を拝見させて頂いておりました。

チャンネルくららやチャンネルAJIR、CGSやチャンネルさくらなどで宮脇先生のお話を見たり聴いたりできます。

まだ見ていない方はまずそちらをどうぞ。

 

で今回は、その宮脇淳子さんのご主人の岡田英弘さんの「読む年表 中国の歴史」です。

f:id:hanatayan:20171006055154g:plain

YouTubeの宮脇さん出演の動画で、「純粋な漢民族三国志の時代に絶えていると主人が言っている」というようなことをおっしゃっているのですが、その詳細な内容ではないのですが(詳細は歴史史料の原文を読むことでしょうから)この本に概要が書かれています。
ちなみに、秦の始皇帝漢民族ではなく西方の遊牧民族出身だということもこの本には書かれています。

秦の始皇帝の母の姓が黄河の西方にいる遊牧民の姓で、秦の都も黄河中流域ではなく西側の方に置いています。

で、この西方遊牧民の「きょう(羊のような字)」という姓ですが、もっと昔でいうと太公望で有名な黄河下流域の河南沿岸に接する斉の国の太公望
この太公望も姓はこの「きょう」氏であり遊牧民系だとこの本には書かれています。

斉の命を帯びて項羽と劉邦がメインとなり秦を打ち滅ぼし、劉邦が漢を作りましたが、その後三国時代の魏から晋、北魏、随、唐と鮮卑族遊牧民族の支配者が続きます。

それで、元がモンゴル人だというのは有名ですが、清も満州地域の女真族というのは有名です。
だいたい、銃や戦闘機などがない時代では、世界的に見ても馬を自在に操れる民族が武力として強い印象です。

 

この本はかなりおすすめです。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

EPA DHA 読書に良い栄養

EPA血液サラサラ効果(血中の脂肪を抑制する形の血液サラサラ)。

DHAシナプスの細胞膜の材料。

 

厚生省が1日の摂取の目安にしているのが各1gです。

1g=1000mgです。

 

EPADHAが多い食材は青魚などの大型魚が多いそうです。

さけ(鮭) 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical
EPADHA自体は植物プランクトンにあるようですが、海洋の食物連鎖でそれを動物プランクトンが食べ、それを小型の海洋生物が食べ、それを大型魚が食べる。

その為サケやマグロなどにEPADHAが蓄積されているようです。

サケやマグロ自体がEPADHAを生成しているわけではないです。

寒い地域の陸上で言うと魚を主食とするアザラシなどがあの一見すると脂肪たっぷりの巨体にDHAEPAが入っているようです。

そう考えると、地球生物の食物連鎖の頂点にいる人間にはたくさんの栄養素があるのかなあと思いますが、現代社会の不規則な生活と不健康な食生活を送っている方にはタンパク質と脂質と炭水化物しか栄養がないのではないか?

とそう思ってしまいます。
「見た目はかわいらしい女性だけれど、栄養は足りているのか?」
「服だけを着飾っているだけじゃあないのか?」
そういった目で見てしまいます。
カニバリズムはよくないですが、現代人の栄養価について心配された方は

[ネイチャーメイド EPADHA]

 

 

[ネイチャーメイド マルチビタミン]

 

 

オメガ3不飽和脂肪酸
魚食をしないとここら辺が不足しがちのようです。
(ちなみに必須不飽和脂肪酸のオメガ6脂肪酸の方はナッツ類などに含まれています)

サントリーのごまのセサミンの販売ページを見ると、魚に含まれるDHAEPAの量は調理の仕方で変わってくるようです。
生の切り身は100%として、焼き魚は20%(80%減少)、揚げ物は50%になるようです。

そして、EPADHAは酸化しやすいようです。

ただ、サントリーのごまの名前の付いたその製品のEPADHA含有量を見ると、少ないように思います。

ちなみに、上記ネイチャーメイドEPADHAの含有量よりも少ないですサントリーのものは。
サントリーのごまのものには上記ネイチャーメイドのものには含まれていない栄養素も含まれているとはいえ、今回はDHAEPAを摂りたいというわけですから、出来れば含有量がネイチャーメイド以上のものを選びたい所ですね。

ちなみに、「ネイチャーメイドEPADHA」の栄養素の含有量は1タブレットでEPA162mg、DHA108mgです。

厚生省が推奨している1日の摂取量が1g(1000mg)ですからかなり足りないですね。

魚に多く含まれていると言っても、魚によって量が違っていて、このページの上の方で掲載した鮭がEPADHAの含有量が優秀なのかなあと思いました。

さけ(鮭) 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical



そこで、

 

スーパーだと、昔は鮭の切り身が1切れ¥98とか¥78で売られていたのですが、最近はどうでしょうか。
まあ、あれらは冷凍の切り身だったのですが(サーモンは寄生虫を死滅させるために冷凍が必要です)、上の鮭も冷凍配送で同じです。
ただ、プライスが¥1500と書いてありますが、そこに配送料が¥800追加されます。
つまり、2㎏¥2300で、100g辺り¥115です。


スーパーで買うともっとやすいか、もしくはとんとんかもしれないですが、最近はネットで鮭の切り身を注文する時代になったなあと。
自分で注文しながら便利だなあと思っています。

 

 

[ここからちょっと拙い内容を長々と書きます]

それで、上記にサプリメントのアマゾンへのリンクを貼っていますが、私は今34歳ですがこれ結構効いています。
効果を実感できます。

今現在私は恥ずかしながらコンビニのアルバイトをしています。
それで先月はコンビニのバイトだけで30万円稼ぎました。
今月は32万円稼ぐ予定です。
内訳は、夜勤週6日、日勤週3日です。
それで、この日勤の3日と夜勤が被る日程になっていて、週3日間は睡眠時間が極端に少ないです。
例えば、22時~8時の1時間後に9時~17時出勤して、今度は22時~6時に仕事をしてまた9時~17時仕事をしてまた22時~6時・・・といった感じです。
寝る時間がないわけではないですが、どうしても3日連続で夜昼夜昼夜昼夜のようになります。
まとめて1カ所で16時間通しで労働なら通勤他雑多時間を引いても1日に6時間はあるのですが、そうではないので3日間だけ睡眠時間が少ないです。
場合によっては寝ないで出勤します。
それで恥ずかしながら34歳です。

人の筋肉(筋繊維の数)と言うのは、30歳を超えると10年で10%減少すると言います。(ただし筋トレをすると筋繊維ひとつひとつが太くなるといいます)
34歳ですから、20代の時と比べておおよそ5%減少していると考えられます。
30代を超えると肉体の衰えが感じられると一般には言われる年齢です。

若い時は身体全体で筋肉にグリコーゲンが300g程蓄えられているわけですから(アスリートの筋肉には500g貯蔵できると言います)、筋トレをしていない50歳の成人男性だと60g減の240gが最大貯蔵量になります。
(もちろん肝臓にも貯蔵されますが)
その34歳の身体の曲がり角の私が、サプリメントを摂取して効果を実感する事が出来ています。

20代の頃は不規則な生活をかえりみて確かに体の事を考えサプリメントを摂取したこともありました。
がその時はあまり効果などの実感が湧かず長続きしなかったです。
しかし、今は実感できます。

その為には、まずサプリメントを食事と一緒に摂取する事でした。
34歳で、コンビニバイトだけで月30万円以上稼ぐとなると、どうしても体の疲労が抜けなかったです。

足の疲労が徐々に蓄積されて行きます。
で、オラクルの社長が「若い時に精を漏らし過ぎたのは良くなかった」というように、女性には下品な話ですみませんが、ナニをすると結構精液に栄養を持っていかれているような脱力感があります。
20代の頃は、精を漏らすについても、またサプリメントについてもあまり無頓着かもしれませんで、それは若かったからでしょう。
放っておいても情熱と精力が湧いてくる時代というか。

しかしこの年になると、オラクルの創業者の言葉、もしくはワールドメイト深見東州(半田晴久さん)の言葉が身に染みてわかります。
精液にはEPAも含まれているんですね。
赤血球のない体液と同じだというぼんやりとした認識しかなかったのですが、常に自分を精力的に保つには大切なものだと今は思っています。
足の疲労回復度に差がはっきりしていますので。

で、今は精を漏らさず、食事の間食か食後直後にマルチビタミンEPADHAタブレットを飲んでいます。
それも、各容器に表示されている1日の摂取量を超える量を飲んでいます。
具体的には、ネイチャーメイドマルチビタミンは推奨1日1タブレットの所を2タブレット
同製品EPADHAは推奨1カプセルの所を2~3カプセル、もしくは4~5カプセル1日に飲んでいます。
それも、口さみしい時ではなく、必ず食事とセットで摂取しています。

リポビタンやレッドブルといった栄養ドリンクを飲むと元気になるという方がいますが、私はあれこそ気の持ちよう、いわばセルフマインドだと思っています。

プラシーボ効果というか。

液体なので腸内における停滞時間が少ないというか。

特にあれらは甘~い糖分が直接的な主な効用だと聞いたことがあります。

 

食事と一緒にサプリメントを摂るのはおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

真実の中国史 宮脇淳子著 岡田英弘監修 李白社刊

ちょっと写真が大きいですが。

f:id:hanatayan:20170831114652j:plain

 

 

 

宮脇淳子先生は「モンゴル帝国以後の遊牧王権 モンゴル・オイラトの対立抗争とチベット仏教の受容」で博士号を得た先生で、今年(2017年)に亡くなられたご主人の岡田英弘先生はモンゴル、満州史がご専門だったそうです。

 

現在の中国のチャイナセブンの一人、王岐山いわく「去年、岡田英弘の歴史書を読みました。そのあとで、私はこの人物の傾向と立ち位置を理解しました。彼は日本の伝統的な史学に対し懐疑を示し、日本史学界から“蔑視派”と呼ばれています。彼は第三世代(白鳥庫吉和田清につぐ?)の“掌門人(学派のトップ)”です。」

つまり、日本の学界とは合わなかったようです。
とは言え、日本の歴史学界は戦後ゆがめられていると聞きますので(例えばチャンネルくららを見ますと、GHQマッカーサー以外、ケージス以下は共産党コミンテルンの手が入っていると聞きますし)、日本の歴史学界に沿わない研究結果を発表していたということは、真実の歴史を研究していた方なのかなあと思います。

 

この本は本の表紙通り1840年~1949年までの中国史です。

要するに、「中国4000年」だあ「中国5000年の歴史」だあは嘘ですよとそういうことなのですが、その詳細が書かれています。

ただし、表紙通り1840年~1949年までなので 事前に、もっと前の段階の中国大陸史を理解していると、よりおもしろいと思います。

 

中国というのは、清は満州人(遊牧民女真族)の王朝です。

元はモンゴル人の王朝です。

三国志曹操がいた場所。あそこも北の遊牧民と接していて、武力が強かったのは騎馬民族に協力してもらっていたからだとか、あと北魏はあそこら辺の騎馬民族だとか。

韓国の李氏朝鮮の祖である李成桂も明で軍人をしていた満州人で、高麗の王族を一族すべて殺害して李氏朝鮮を興しました。

現在中華人民共和国と言われている地域は、1億年遡っても5億年くらい遡ってもそこに土地はあるでしょうが、あくまで舞台であり、そこでは陸続きなので色々な民族の流れがありますよというのが、この本の内容よりもっと前からの歴史です。

 

宮脇淳子先生のモンゴル史やジュンガル国史などを読むとわかりやすいです。
ロシア大公がツァーリ(皇帝)という呼称を使い始めたのも、ウィキペディアを見ると帝政ロシアは1721年からです。
モンゴル系の遊牧民がヨーロッパまで攻めに行ったのはもっと前です。
それまでロシアには国があったのか?という所とかも知ると面白いです。
実際は、遊牧民が辺境のなにもないロシアまで攻めに行って、そこで流通など経済活動を始めたので、現地の従属した領主が豊かになり、クレムリン(城塞都市)を作るまでに発展したというのが事実だそうです。
クレムリンモンゴル語だかトルコ語だか、元々はルーシ(ロシア)から東の方のどこだったか、まあロシア地域の人たちがモンゴル系のハン国に従属したので、そちらの方からロシア地域に城塞で市場がある都市形態が伝番したそうです。
「ゲルマン大移動」の原因となった騎馬民族の侵攻、とその東側ルーシも含めた地域にキプチャクハン国とかカザンハン国がいるのにロシアが飲み込まれないわけはないです。
ルーシのあの地域の民族はハン国に従属して、その中でもモスクワ大公が出世をして、後ろ盾に騎馬民族のハン国がついていたので強かったようです。
なので、ロシアは1721年に帝国になったり、ツァーリ(皇帝)を名乗るのも他の西欧諸国と比べるとかなり遅いです。
なぜなら、元々はっきりとした国がなかったからだと言います。
遊牧民が攻めて来たときも、王と言う概念もなかった色々な民族がそれぞれの地域に住んでいたような未開な地域だったようです。

初代ツァーリの時代でもまだ遊牧民騎馬民族であるなんとかハーンに税金を払っていた様です。

とまあ話はそれましたが、海で囲まれている対外戦争のない単一民族を維持できる日本とは違い、大陸の歴史はかなり広い地域を見ないとわからないようで、モンゴル史が専門の岡田英弘先生や宮脇淳子先生の話を見聞きすると、だいたい流れがわかってきます。


しかし。
しかしこの本では、毛沢東文化大革命でそれまでの歴史や知識層を破壊、殺害し、抹消して、「中国は5000年の歴史が連続して続いている」という嘘を違いますよと述べ、真実に沿って書かれています。

もうちょっと前の歴史から、同著者の本を読むと、事前知識があってよりおもしろいかもしれないです。

例えば、宮脇淳子著「最後の遊牧帝国 ジュンガール部の興亡」

 

 

岡田英弘著 「清朝とは何か」藤原出版 

 

 

岡田英弘著 「モンゴル帝国から大清帝国へ」

 

 

岡田英弘著 「康煕帝の手紙」

 

などがおすすめです。

とは言っても、上記著作を読まなくても「真実の中国史」は難しい言葉の言い回しもなく、素直にすとんと読みやすいです。
それでいて、近代の真実の中国史が読めます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村