人間観察が趣味です。

と言う人をよく見聞きする事が、
何年か前から多くなりました。

 

例に挙げると、

・モバゲーのプロフィール欄

・出会う人

・アニメ『かぐや様は告らせたい』のヒロイン役の声優

などです。

 

あとは、テレビ番組の街角取材で
新宿アルタ前の植木を囲う石積みというかレンガと言うか、
あれに座っている女の子に取材した時に

「なにをやっているの?」

と聞かれて

「人間観察をしています」

と返答したフリーターなども記憶にあります。

 

 

しかし、私が思う本来の人間観察というのは、
そういった客観的観測ではなく、
主体的観測だと思います。

 

例えば、舞台役者であり俳優の尾形イッセイが言っていた
人間観察が妥当ではないかと思うわけです。

 

 

尾形イッセイの人間観察論は、
わざわざ新宿のアルタ前で通行人を観察するのではなく、
過去、自身が会ってきた人たちを思い出して、
それを役に取り入れているというものです。

つまり、観察者自身もその環境に身を置いて、
ややもするとその観察対象と共同作業をしながら
相手とその全体の環境や時節、事がらをインプットする。

これが彼の観察だと思います。

 

譬えを変えると、大灯国師などがそうかもしれないです。

高僧でありながら、ボロボロの服を着て橋の下で乞食の生活をする。
これが大灯国師流の、言い換えると人間観察だと思われます。

ただ、大灯国師の場合は人間を中心に観測していたわけではないと
思うのですが。

 

尾形イッセイの人間観察論に於いて、
セットにしたい話があります。

それは、芸人の千原ジュニアと三俣又三の新幹線での話です。

千原さんの芸人としてのアンテナでは、とても特徴的で面白い一般人と出会ったそうです。
芸人としては、そういったリアルでの場は逃すべきではないネタ収集の機会なんだけれども、三俣さんは淡々と話を進めてしまう。

そこでわかるのは、芸人さんは常にその方向でリアル社会にアンテナを張っているということでしょうか。

 

結論として、つまりなにが言いたいかと言うと、

以前私の知人に作家になりたい大学生がいて、
その子は講談社はブラックだから就職したくないとか言って、
パチンコ屋に就職するかと思いきや、新卒歓迎会に行って合わないなあと辞めて、
結局今はニートになったわけです。

 

それを見て思うのは、
君の好きなライトノベル「GATE(ゲート)自衛隊のなんちゃら」の作者は、
実際に自衛隊員を経験した後、そのGATE自衛隊なんちゃらというラノベを書いたんだよなあと。

もし、東京のブラックなパチンコ屋に勤めながらラノベなり漫画を描いていたら、
もしかしらカイジを超える賭博漫画を描けていたんじゃないか?

 

と、そう思ったわけです。

 

千原&三俣の話や、小堺&関根の話や明石家さんまの話を聴くと、
リアル社会に於いて普段からネタに対するアンテナなり"興味"を持っていると思います。

それはそれで芸人さんだからだと思うのですが、
人間観察に於いて弊害になるの事があります。

それは、現象、表象を笑い目線でしかインプットできなくなるという事です。

もしかすると、本当は違う角度で受け取れたかもしれないという事でもあります。

 

例えば、世の中は変わったもので、「ありがとう教」というものがあります。

私の知人の青年実業家も常にフェイスブックでは「ありがとうございます」とか、
周囲に対してプラスの言葉を発していますが、まあそれは置いておいて、

なにをされてもありがとうと思うのがありがとう教であります。
これは自然発生的な文化的ミームの事ではなく、
実際に教祖のような主体者がいて広めている術(すべ)です。

ネットで検索すると見つかるかもしれないですが、
これの欠点は

脳機能学的にいうと、「なんでもプラスイメージで入れて精神の健全性を保つ」
と言う所にあります。

それが、あまりにも自然ではないし、人格や認識視野の成長に於いて
悪影響になる。
と思います。

 

これを私なりに言うと、
大灯国師は、橋の下で浮浪者の生活をしている時に、
「私は浮浪者になりきるんだ」と意識しながら生きていたのか?

と言う事です。

 

「私は浮浪者を経験するんだ」

つまり、

「私は人間観測をするんだ」

と意識しながら、
(そもそも一般に言われる人間観察はアルタ前で座って見ているような主体観測ではないものですが)

 

大灯国師は、不空でいたと思います。
「空(くう)になりきっているんだ」というのは、まだ空、不空の意識を持っているので、

いわばありがとう教のように、うんこを投げつけられてもありがとうと思い、
幸福なイメージで脳の海馬にプリンティングさせる。
大脳に転写する際の長期記憶もそうだから常に幸福である。
これが、人間観察になるのか?

私はそう思わないわけです。

 

とは言っても、ビジネスに興味がある人は、
放っておいても日常の生活や出会いにビジネスのアンテナ(興味)を張っているし、
芸人さんだって誰がお勧めしなくても、逆に止めなくても、日常にそのアンテナを張っているものだと思います。

 

最終的になにが言いたいかと言えば、
人として生きている都合上、確かに無機物との物との触れ合いと言った
テクニカルアーキテクチャ、テクニカルナレッジもあるんだけれども、
人間関係が作る社会環境で発生するプラクティカルナレッジもあると思うのである。

 

これを単純化すれば、地道に人生を生きるという事ではないだろうか。

ただし、人間観察に於いては、それが、どこでより多く経験できるのか。

おのずとわかるのではないだろうか。

と思うのですが、
件(くだん)の藤沢にある大学の文化部卒業の彼は、
いつまでも地元に残ってそれがわかるだろうか。

帰る家(借家ではなく親が建てた戸建て)があるなら、
私は新しい旅に出てもいいと思ったりします。

 

とここで自作動画のご紹介


きりたんのパソコン 自作PART1

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

東北きりたんを使って食レポ動画 第3回

というタイトルで、記事を書くという事は、

自分が作ったその動画の視聴数が、少ないという事です。

 

多ければ、わざわざここで書く事でもないのです。

 

という事で、PART3はカップヌードルです。


きりたんの食レポレヴューPART3 カップヌードル(日清食品)

 

ちなみにPART1とPART2も貼っておきます。


きりたんの食レポレヴュー PART1 たらこスパゲティ ファミリーマート

 


きりたんの食レポレヴュー PART2 コーラ

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

東北きりたんがまた食レポをしました。

VOICEROIDというのを使って食レポ動画を作りました。

第二回目です。

 

キャラクターは"東北きりたん"と"東北ずん子"です。

 

動画時間も8分10秒程度と短めです。

よかったら見ていって下さい。

 


きりたんの食レポレヴュー PART2 コーラ

 

 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

初めて東北きりたんで食レポ動画を作りました。

VOICEROIDというのを使って初めて食レポ動画を作りました。

 

キャラクターは"東北きりたん"と"東北ずん子"です。

 

動画時間も4分50秒程度と短めです。

よかったら見ていって下さい。

 


きりたんの食レポレヴュー PART1 たらこスパゲティ ファミリーマート

 

 


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

プログラミング 学習 入門 篇 C++

今回はプログラミングが出来るようになる為の動画シリーズを作ったので書きました。

 

ちなみに私はプログラミング入門者です。

初級者以下の立場です。

 


はなたやんのプログラミング PART0『プログラミング動画始めます。』はじめに入門篇

 

 

 

PART0は、

「開発環境の設定」=書くためのソフトを用意する事

 

「教え方」=intなどの変数から教えても概要がわからなければ理解が遅い

 

「include」=他人が作ったライブラリやオブジェクト(アルゴリズム)をinclude.h

      という宣言文で読み込まないと簡単に作れない

 

という内容でした。

 

 

 

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。


はなたやんの料理Part1 ミートソーススパゲティ


 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

料理動画を作ったのでアピール

 

 

1、料理が出来る男。

 

2、経済力がある男。

 

3、セックスが気持ちいい男。

 

4、イケメン(雰囲気イケメンでも可)。

 

5、コミュニケーション能力がある。

 

こういう男性がいたら女性としてはいいものであろう。

恋愛と言うものは、遺伝子的には最終的に子孫を生み育てるパートナーを得る所に
あると思うので、

魅力的な異性を選ぶのは至極もっともな話である。

 

ただ誤解しないで欲しいのは、
私は恋愛を物理的な化学反応だと嘲笑しているのではなく、
むしろ本質的には経験主義派なので、
「概念としてはそうかもしれないが体験する事が糧になる」
派なのである。

「体験する事が糧になるという概念」さえも捨てて
生きる事がいいんでないのか。

無為自然ではないが、意識せず、
要するに普通に生きればいいのですよという
ごく当たり前の価値観を持っているのである。

 

 

そんなことはさておき、今回は自分が作った動画の紹介です。

というのも、視聴数が伸びないです。

動画のクオリティ質が低いといったことは一度棚に置いておいて、
ここ最近連投しているマインクラフト実況動画とは一線を隔する
カテゴリの動画をアップしたつもりです。

 

実物はこれです↓


はなたやんの料理Part1 ミートソーススパゲティ

 

ただそれだけです。

 

ご視聴ありがとうございました。

 

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。


マインクラフトPART17 はなたやんのゲーム実況


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

アゲアゲさん の 将棋が見れる 為になります

私はアマチュア将棋三段です。

 

自慢をさせてもらうと、私が参段の免状を頂いた時は
米長さんがまだご存命で、森内さんが現役の名人、羽生さんが十九世名人だった頃で、
免状の連署には米長、森内、羽生、三氏の名前が書かれています。

 

所が、私は日本将棋連盟から送られてくる「ステップアップ問題」という
年1回か2回?送られてくる問題用紙を解いて郵送で送った所、
飛びつき3段の資格を得て、10万云千円納めて3段になったのです。

たった20問。
しかも将棋会館や道場といった公的な場で実力を認められたのではなく、
ペーパーの「次の一手は?」みたいな問題で3段になりました。

 

なので、自動車のペーパー免許ではないですが、本当にペーパー資格者であります。

 

 

[ステップアップ問題はなぜ送られてきたか]

当時はユーキャン将棋講座というものがあり(今でも囲碁講座はあるでしょうか)、
通信学習のユーキャンで将棋のアマチュア段級位が取れました。

私は最終的にはユーキャンではアマチュア1級までしか取れませんでした。

 

そこで、アマチュア登録すると、年に1回だったか「ステップアップ問題」というものが日本将棋連盟から郵送で届きます。

初年度は送り返さなかったのですが、次に送られてきた時、
「ちょっとやってみようかな」
と思い送ってみました。

と言ういきさつです。

 

たーだ。

たーだそういうある種節操のないただ段位だけ頂ければいいっていう成り方。
これは自分でも自負していますが段位に対して実力が伴わないものですね。

 

まただ、言い方は悪いのですがアマチュア資格の認定制度自体、
日本将棋連盟の収入源みたいな所もあるでしょうから、5段6段くらいまでなら、
20問のステップアップ問題で与えてもいいだろうという事かもしれないですね。

当時6段になるのに30万くらいでしょうか。
それを20問の筆記で許すくらいですから。

そこはそこでいいのですよ。
組織活動にはお金が必要なのは言うまでもなく、悪く言えないですこの程度なら。

ただ、実力を求めるのであれば道場なり将棋会館の試験なり、
その方が実力がつくと思います。

 

ちなみに私は囲いを知りませんし、攻めの手筋も知りません。
正確には、ユーキャン将棋講座で漠然と抽象的には把握しているのですが、
あの薄っぺらいテキスト5~6冊1セットではあらゆるパターンを網羅できないのでした。

 

そこで今はアマチュア参段に恥じない実力を持っていないとなあと思うわけです。

 

と言う訳で、YouTubeでも将棋動画を視聴したりします。

有名どころで言うとこんな感じでしょうか。

・アゲアゲさん

・元奨励会アユムさん

・嬉野流チャンネル フラムさん

・将棋実況チャンネル クロノさん

・元奨 ヤスさん

・ハクさん

・ショーダンさん

・石川秦さん

 

でそういった動画を見たり、もしくは将棋ウォーズなどをやっていて思うのは、
実力者の手筋はやっぱり違うと思うのですよ。

典型的なのは嬉野流チャンネルのフラムさん。

彼は将棋アプリゲームの将棋ウォーズで3段ですが、
手筋が勉強不足というか、アゲアゲさんやそれ以下のアユムさんよりも劣っているというか・・・。

彼は元奨励会ではないでしょうし、大卒後一般企業に就職し日々の仕事があると思うので、それを考えると無理を言えないのですが。

 

客観的な視点でこの中で一番実力があるのはアゲアゲさんだと思うのですよ。
先日、10勝2敗でプロ編入試験の資格を得たので。

 

それがやっぱり勉強なり学習意欲の刺激になるのかなあと私は思ったりします。

 

アゲアゲさんこと折田翔吾さんの動画です。


ぽくない手。 将棋ウォーズ 10秒将棋実況(892)嬉野流のようなものVS矢倉

 

嬉野流チャンネルのフラムさんは、
バラエティ番組として、日々の清涼剤のような?
のような感じで拝見させて頂いておりますですはい。

 

ただやっぱり実力をつけるのであれば、
アマゾンで将棋関連の書籍を買って読んだり、
そうするとアゲアゲさんやフラムさんの差す手筋が
「あ、これ本に書いてあった手筋やん」
と思ったり発見がありますね。

 

 

といったわけで今回はこれで。

 

 

 

 

↑これは盤面全体ではなく、詰将棋本のような局面盤で書かれています。
なので現実の盤面よりも駒数が省かれているので違和感を感じます。
ただし筆者の伝えんとしている所は、実践でも使えると思います。
例えば本美濃崩しで9筋の端歩を突いて垂らしの歩で敵の香を上げて9九に銀を打つ
という手筋は嬉野流フラムさんの動画と一致しました。
彼も手筋を知っているのかあと思いましたね。

 

こういうのはユーキャン将棋講座では、テキストの量上書ききれない事だと思います。

あとは、上記の将棋系ユーチューバーの中で元奨励会員の石川秦さん。
彼の「初級者、中級者、上級者の学習の仕方」というのは参考になります。

 

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。


はなたやんの料理Part1 ミートソーススパゲティ


 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村