原付の直し方 レッツ4 エンジンかからない プラグ CDI(FCM) 交換 カーボン 除去 篇

今回は前回に続いてレッツ4のエンジンがかからない場合の直し方です。

 

前回、液注入式のバッテリーを交換してから直後は動きました。

ところが、夜になるとまたエンジンがかからなくなっていました。

 

症状は、

・ウィンカーは正常に点滅する

・テールランプ(赤)は正常に点灯する
ーこの時点でバッテリーの問題ではないー

・メーター部分のFIランプは起動時正常に点灯しその後正常に消灯する

ーこの時点でFIは正常に動作しているー

・セルスイッチ及びキックでもエンジンがかからない

 

で、今回の原因を早速言ってしまうと「カーボン」が溜まっていたのが原因です。

レッツ4が動かなくなる原因としてこれが一番多いそうです。

ただ、今回はそれ以外にも色々と展開しておりますので、よかったら見ていってください。

 

 

 

[プラグ、CDI(FCM)の交換]

原付のエンジンではガソリンを燃焼させて走りますが、まず一発目始動する時に着火する必要があります。

着火する部分がプラグです。

電子ライターもスイッチを押すとパチッと電気が生じて火が出ますがあれと同じです。

 

f:id:hanatayan:20180216122828g:plain

上の写真の先端部分に火花が走り着火しています。

 

ただし、原付のバッテリーは12Vです。
これだけだと着火するには電圧が弱いです。

そこで、電圧を上げる部品がイグニッションコイルなのですが、その前にCDI(FCM)に蓄電して変圧部分であるイグニッションコイルに放電しています。

 

f:id:hanatayan:20180216122629g:plain

上の写真は実際のレッツ4のCDIの写真ですが、こういったものがレッツ4の場合バッテリーと同じ収納スペース(足元部分)に収められています。

物によっては、カウルの裏側にあるものもあるそうですが、とりあえずレッツ4CA41Aモデルについては足元にあります。

 

CDI(FCM)はコンデンサというのか、ガソリン(混合気)への点火タイミングを司どっています。

普段は電気が貯まっています。

セルスイッチを押している時や走行時にジェネレーターコイルが回りますが、
ジェネレーターには一定間隔でコイルが取り付けてあり、ジェネレーターが回転すると電圧・電流がCDI(FCM)に一定間隔おきに流れます。

それに合わせて、CDI(FCM)に溜まっていた電気も一定間隔おきにイグニッションコイルへと放電される仕組みになっています。

(CDIを替えると加速性能が上がるというのは、この放電の間隔が速いCDIに替えるので始動時及び走行時の混合気の点火タイミングが速くなるからです。)

 

※ちなみに、セルスイッチやキックペダルを踏むと言うのは、ジェネレーターを回しています。それで、CDI(FCM)に点火の合図を送っています。 

 

CDI」はトゥデイなどのキャブレーター式エンジンの場合の呼称で、インジェクション式のレッツ4では正確には「FCM」と言います。

ですが、アマゾンでレッツ4のFCMを探すと「レッツ4 CDI」として売られています。

 

中古のFCMを買う場合の注意点は、番号が近いものを買うことです。

CDI自体には書かれていないですが、アマゾンで販売されている表示に「CA41A-157xxx」や「CA45A-203xxx」など記載されていると思います。

これは車体番号です。
左側の数字でCA41Aというのが原付のモデルで、モデルチェンジするとこの数字が変わってきます。
右側の数字は単に製造番号です。
つまり自分の原付のモデルがCA41Aであれば、同じCA41Aに乗っていた中古のCDIを買うのが型式的には無難です。

 

レッツ4のプラグは奥まった所にあるのでプラグレンチを使うと便利です。

 

ただ、プラグレンチは上記のプラグレンチではなく、もっとうねうねしたプラグレンチがあるんですが、見つからないんですよね。

チューブみたいに曲がってしなるプラグレンチなんですが。

までも、上のプラグレンチで十分役目を果たせます。 

 

で、プラグがある場所はここです。

(座席外側の下の方にある小窓)

 

レッツ4 CA41Aの
プラグの型はCR6HSA
六角のサイズは16mm

 

 

中古のCDI(FCM)こんな感じで売っています。

f:id:hanatayan:20180216050905j:plain



 

「プラグ、CDI(FCM)を交換してもエンジンがかからない」
と言う時は、まず確認するのはプラグから火花が出るかどうかです。

スパークプラグテスターというものがあります。

 
CDI(コンデンサ)とプラグが正常であれば、このチェッカーで正常な結果が出ます。

チェッカーがない場合は、金属部分に当ててスイッチを入れて火花を確認するという方法もありますが、お金と時間に余裕がある方やDIYじゃないですが日曜バイカーの方はチェッカーを持っているのもいいかもしれません。
道具を持っている事に満足感が。

 

 

で、着火機能も正常であると確認、もしくは仮定した場合、ここで本日の本題です。

[カーボンの除去]

ここまでの過程で、おそらく古いプラグを抜き取った時、そのプラグの先っぽを見たら黒いススのようなものが付着していたのではないかと思います。
それがガソリンを燃料させた時に発生するカーボンです。
このカーボンが溜まっていると、吸気不良やエンジンの圧縮不足、着火不良になります。

カーボンの除去には作業別に分けて大きく3つあります。
・マフラーのカーボン除去(排気管)
・プラグの差し込み口部分からのカーボン除去(軽度)

・エンジンを分解してのカーボン除去(重度)

 

”エンジンがかからなくなる前”の日常的なカーボン除去対策では、

ワーコーズなりなんなりのエンジンクリーナー液を定期的に使ったり、時々ハイオクガソリンを使ったり、もしくはこまめにエンジンオイルを交換したりといった事があります。

その上でエンジンが動かなくなった場合、上の3点を試すことになります。

 

今回は、軽度のカーボン蓄積でしたので、2番目の「プラグの差し込み口~」の説明です。

 

[カーボン蓄積(軽度) キックを蹴ると軽い 圧縮不足]

 とタイトルそのままです。

カーボンが溜まるとそれが邪魔をしてエンジンが圧縮不足になり、キックペダルを踏むと軽いです。
これは、プラグを抜いた状態で蹴っても同じように圧縮不足になるので軽いのがわかると思います。

 

今回は軽度だったので、プラグを抜いて、そのプラグの差し込み口からワコーズのエンジンコンディショナーを吹き入れました。

コンディショナーを吹き入れたら、1日程度置いておきます。

カーボンを溶かすためです。

 

 

で、1日経ったら、今度はキックペダルを5回くらい踏みます。

で、セルも回してみます。

 

軽度のカーボン落としは、

「コンディショナーでカーボンを溶かす。

キックペダル及びセルを回す。」

を何回かやってカーボンを除去します。

後はプラグスパーク時に失火しないようにコンディショナーの乾燥を待つ。
これだけです。

 

注意点は、エンジンコンディショナーがまだ乾燥せず残っているうちは、プラグをはめてエンジンをかけても着火されないという事です。

プラグを外した状態でペダルをコキコキやってすぐにプラグを付けてもエンジンがかからないからというので、「まだカーボンが取れていないのかな?」と更にエンジンコンディショナーを吹き付けると、なかなか失火の原因になります。

エンジンクリーナーを吹き付けすぎると中に溜まったコンディショナー液が蒸発するまで時間がかかります。

液体はプラグ着火時の失火の原因になりますから、液体が残らないようにすることです。
エンジンを分解して掃除をする場合はウェスで拭けるので失火はないですが、今回は外側からの簡易的なやり方なので、十分液が揮発するように注意してやりましょう。

最悪、プラグを抜いたまま放置で自然に揮発させます。

私の体験談として、コンディショナーを入れすぎて乾くまでに2週間くらい放置してエンジンがかかるようになりました。

たぷんたぷん音がするくらいコンディショナーを吹き付けてしまっていたんです。

 

ともかく、キックペダルをコキコキ、セルを回す。

それで乾くと、電源を入れてエンジンを始動するとブオオーーンという音とともにマフラーから白い白煙が出てくると思います。

エンジンクリーナーが残っているからです。

この白煙がなくなるまでエンジンを回すと完了です。

ただ、ずっとエンジンを回していると近所迷惑というかうるさいので、白煙が出ている状態で問題がなければそのまま普段通りお買い物に行くなりお仕事にいくなりして白煙を飛ばしても構わないと思います。(白煙を出しながら走行してはいけないなどそこら辺の交通法はいまいちわかりません)

 

 

以上がカーボン除去及びエンジンがかからない場合の直し方でした。

今回は軽度でしたが、レッツ4のエンジンがかからない重度の場合はエンジンを分解するか、もしくはエンジンを積み替える事になります。

単純に積み替えるだけなら、ヤフオク楽天オークションなどで中古のエンジンが売っていますが、エンジンを分解して中身を掃除するだけならいいのですが、エンジンの中身の部品が摩耗したり傷ついたりしている場合、部品の調達も含めてちょいと面倒です。

あと作業スペースが要ります。

 

真のバイカーさんは、そこら辺の部品も新品で調達するのかもしれないですね。


一軒家でお庭があればエンジン分解からやってみるのもいいかもしれないです。

原付で普段使う用と分解する用で2台持ちであれば日曜バイク修理が楽しめますね。

私の住んでいる所ですと、原付の税金が年2000円ですが2台で4000円とそれほど高くもないです。

 

 

で、今回ネット詐欺に初めて会いました。

それは、「スズキ レッツ4サービスマニュアル」の購入にあたってです。

レッツ4のサービスマニュアルはある条件や資格のある者でないと購入してはいけないです。

という代物で、スズキと契約している修理屋さん等がスズキから購入するもののようです。

中身は、配線図からなにから詳しく載っているようで、これがネット界隈では流通しているようです。
そうとは知らず、ネットで発見したのでとりあえず購入する事にしました。

 

ところが、騙されました。

lion-shopperというメールアドレスでメールが送られてくる出品者です。

9000なんぼを支払ったのに、物が来ません。

lion-shopperにメールで問い合わせても返事がありません。

もう3週間程度なにもありません。

近頃、ネットを使った詐欺が横行しているようですので、皆さんも気を付けてください。

 

レッツ4サービスマニュアル、レッツ4の構造や使われている部品の名称・型番など詳しく載っているようなので欲しかったんですが、私は本来の購入者の条件に満たないので今回騙されて丁度良かったのかもしれないですね。

 

 

 

[関連記事]

☆トゥデイ☆

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

☆レッツ4☆

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。

fpsゲームWORLD OF TANKSの実況動画です。
よかったら見ていってください。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 

 

 

原付の直し方 レッツ4 トゥデイ バッテリー 交換 液注入 篇

皆さん明けましておめでとうございます。

 

新年1発目の記事は、レッツ4のバッテリー交換です。

なぜ、以前にも書いた事のあるバッテリー交換かというと、

前回は買ったそのままをセットするだけでしたが、

今回は電解液注入を自分でやるタイプだからです。

 

なんでバッテリー交換の記事かという疑問にはもうひとつあると思います。

それは、前回のバッテリー交換は2017年11月1日です。

今回バッテリーが使えなくなったのが2018年1月9日です。

というか、これは前回の記事を見ていない初見の方がいらっしゃるかもしれない閲覧者の方たちよりも、私の方が疑問に思ってしまいます。

結論から言えば、

 

「バイク屋で買ったドイツ製のバッテリーが電気少なかった」

のだと。

 

ドイツ製のバッテリーは、購入時に店員さんが目の前で電流チェックをして「大丈夫ですね」とか言っていたのですが。

おおよそ2カ月でバッテリーが切れるなんて、

例えば比較として、2016年10月頃に事故後買ったレッツ4ですが、

その後2017年にそのドイツ製のバッテリーを買うまでおおよそ1年間。

充電もしなければ交換もしなかったわけです。

距離メーターで言うと、ドイツ製のバッテリーは2000kmも走っていないです。

 

ちなみに前回のバッテリー交換の記事はこちらです。↓↓↓

原付の直し方 レッツ4 トゥデイ バッテリー 交換 篇 - はなたやんの読書日記 ~政治経済~

 

 

[アマゾンでユアサのバッテリーを購入]

まそんなわけで、今回は以前トゥデイを乗っていた時になじみのある行動「アマゾンでユアサバッテリーを購入」をしました。

 

2000円台と安い台湾ユアサ製です。

販売者は、千葉にお店がある「バイクパーツセンター」さんです。

 

 

バッテリーの互換性に関しては、

f:id:hanatayan:20180111141615g:plain

上写真の赤丸で囲んだ部分に書かれていると思います。

 

で、このアマゾンの商品、以前トゥデイの時に注文した時は既に電解液が注入済みのものでした。
商品購入者のコメント欄に「電解液を自分で注入しました」とかいうコメントがあったのを記憶しています。

その時は、「?」と思いました。

で、今回届いたのは自分で注入するタイプです。

どうやら、注入済みが送られてきたリ未注入が送られてきたリとバラつきがあるようですね。

 

 

 

[バッテリー交換]

送られてきたパッケージはこんな感じです。

f:id:hanatayan:20180111133120g:plain

 

で、本体がこれです。

f:id:hanatayan:20180111133250g:plain

で、注入液がこれです。

f:id:hanatayan:20180111133415g:plain

 

 

電解液の包装を剥がすと下の写真のように電解液が漏れないように銀紙で蓋がされています。

f:id:hanatayan:20180111133504j:plain

 

厳密に言えば、その銀紙に下の写真にある黒いキャップがかぶせてあります。

 

f:id:hanatayan:20180111133542j:plain

この黒いキャップですが、後で使うのでとっておきます。

 

で、電解液注入のシーンですがたまたま撮り忘れていました。

銀紙は剥がさず、そのままバッテリー本体の注入口にぶっさすわけです。

 

電解液が全て注入されたら、容器を取って、上の写真の黒いキャップでバッテリー本体のその穴にフタをします。

 

フタをすると下の写真のようになります。

「DO NOT OPEN」という楕円形の部分がそのフタです。

木づちやハンマーで叩いて、ぴっちり平面になるようにフタをしました。

f:id:hanatayan:20180111133611j:plain

 

横から見てもこんな感じで、フタの一部が盛り上がっていたりする事がなく、

平らになるようにしっかりフタをしました。

f:id:hanatayan:20180111133647j:plain

 

 

古いバッテリーを取り除き、新しいバッテリーに変えました。

f:id:hanatayan:20180111133716j:plain

 

エンジンをかけると、始動しました。

お疲れ様です。

 

 

しかし実は、この後夜になってエンジンが始動しなくなりました。

続きはこちらから→

原付の直し方 レッツ4 エンジンかからない プラグ CDI(FCM) 交換 カーボン 除去 篇 - はなたやんの読書日記 ~政治経済~

 

 

 

 

[ 関連記事 ]

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。

fpsゲームWORLD OF TANKSの実況動画です。
よかったら見ていってください。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

 

 
 

 

マイクラのやり方を教えて下さい。

壊すボタンを押しても素材が壊れません。
原因を教えて下さい。

 

www.youtube.com

の14:00辺りなどわかりやすいと思います。

しゅこしゅこやっても、ブロックが壊せないです。

何か設定が原因でしょうか?

自分の動画投稿の歴史

個人的に動画作成をしておりまして。
そもそも、あの有名なニコ生で生放送の生主(なまぬし)と言うのもやりました。
それは4年くらい前の事でしょうか。
ニコ生では、ゲーム生実況や雑談などをしました。

今年はTwichiだかなんだかいうゲーム専門の配信サイトでも2度3度生配信をさせて頂きました。

しかし、動画をアップするというのは、自分のYouTubeアカウントを見ると昨年からでしたね。
動画のアップはまだまだホヤホヤでした。

そして、私の成長記録と申しますか、以下にその成長具合を紹介します。

 

 

 

2016年5月14日公開 [わるたん暴走日記]
fpsゲームのワールドオブタンクスを略してわるたんです。
ゆっくりムービーメーカーを使い、ゆっくり霊夢やゆっくり魔理沙の棒読みの声を使い始めたのがこの頃です。
ただ、BGMや効果音など追加していない、ナチュラルな仕上がりですね。

動画投稿を始めたばかりの初心者というか。

www.youtube.com

 

 

2016年12月16日公開 [宇宙世紀フルフォギアinワールドオブタンクス]

ワールドオブタンクスを使い、ストーリー性を持たせた動画を作ろうとしたものです。
BGMやキャラクター絵、効果音をどこかから拾ってきて、ともかく動画を作っていた時のものです。
オープニング部分のクオリティをはじめツッコミどころ満載の出来です。

www.youtube.com

 

 

2017年10月27日公開 [WoT はなたやんのゆっくり実況]
今の所このシリーズをメインで作って行く予定です。
この頃になると、ネットで制作者許諾のフリー素材を探してきてですね、
例えばオープニングBGMなどがそうですが使っています。
DOVAというサイトが素材の発掘元になります。

www.youtube.com

 

いかがだったでしょうか。
おそらく、忙しくなければここから更にやりたいことがありまして。
3Dのキャラクターを制作して動画に入れたいです。
YouTubeのゆっくり動画界隈で、そういうのをやっている方を結構散見しますので、自分もやってみたいなあと思っています。

あと、見ていてお分かりになるかと思いますが、基本的におもしろさの引き出しが足りないと言いますか、語彙のなさというか。
そこら辺になるとある種作り手の中身の問題になるので、ただ本を読んで知識を得ればいいとかそういう問題ではないのですよね。
もちろん、広く深く概念を重厚に学べばそれは動画制作の際に糧になるでしょうが、同じワールドオブタンクス系の他者さんの動画を見ると、やっぱり人柄と言うものが出るのだろうなあという話ですね。

和田さんが砂糖を摂らないというのでちょっと調べました。

奥山真司の地政学「アメリカ通信」

を見ていると、和田さんという方が毎回出演されています。
(お父様が読書好きだったらしく、ご自身もその影響で子供の頃から本を読んで現在の活動に繋がる思考を得たようですおそらく)

和田さんは実業家であり、渡辺昇一氏とも親交があったり、出版に関わったりなど、

いわゆる、チャンネルくらら(毎日18時更新) - YouTubeの憲政史家、倉山満さんや経済評論家の上念司さん等の活動を実業家さんがしている感じでしょうか。

 

その和田さんがですね。
”奥山真司の地政学「アメリカ通信」”のとある回で「砂糖は摂っていません」という事を言っていました。

砂糖だったか精製糖だったか、ともかくスーパーでよく置いてある白砂糖の事です。

三温糖とか白砂糖の事です。

これ、なんでかなあと興味があって、調べてみました。

 

[白砂糖(精製糖)はミネラルが抜けた純粋な多糖類だった]

サトウキビやてんさい(大根の1種)を絞った汁は甘いのですが、白砂糖精製はそこに添加剤を使いミネラルなど不純物をを抜きます。
なので果物よりも甘いのですが、お口の中に入れるとミネラルがないものですから歯のカルシウムを溶かして結合し安定価を得ます。

つまり、歯を溶かします。

YouTubeなどで「コーラは歯を溶かすのか」とかそういう実験系の動画がちょこちょこアップされていると思いますが、歯を溶かすのは炭酸飲料の炭酸ではなくお砂糖の方でした。

 

[脳で使うのはブドウ糖であり単糖類だった]

脳で使うのはブドウ糖です。
糖尿病の方が使うブドウ糖タブレットブドウ糖です。

ブドウは糖の成分としてはこれ以上分解できないという構成の単糖類です。

それに果糖も単糖類です。

このブドウ糖と果糖が結合したものが多糖類であるショ糖で、白砂糖はショ糖です。

分解に時間がかかる為糖質の吸収が遅く、血糖値の上昇がゆるやかなのは多糖類の方です。

 

[糖新生でケトン体]

 

 

[人工甘味料は炭素と結合すると有毒物質になる]

シュガーレスなどカロリーが少ない甘味料がありますが、それは体内で炭素と結合すると有毒物質になるそうです。

 

原付の直し方 レッツ4 トゥデイ バッテリー 交換 篇

 

トゥデイのバッテリー交換の記事を書くと言ってから数カ月、
今回レッツ4のバッテリー交換の必要にせまられました。

レッツ4のバッテリー交換もトゥデイのバッテリー交換も根本的に同じなので(ビス位置がどことかバッテリー収納部が何mmの所にあるかとかは違いますが)、併せて書こうと思いました。

 

 

台風が近づいていた10月の長雨が続く日。
出退勤時に交通量の多い整備された国道を使わず、毎日のように裏道を走っていました。

そうすると雨の中、水たまりを「バシャーん」と、水陸両用車輛でもないのに走っていたわけです。

そんなある日。
「あれ?エンジンがかからない」

「雨の中水たまりも関係なく走っていたから、電気系統が水に浸かったかな?」

結局、仕事に遅れるわけにはいかないので2日間だけ出勤時にタクシーを使いました。

 

[バッテリー交換しないといけなくなった状況・症状]

・ハンドルの所の押しボタンセルでエンジンがかからない

・セルでエンジンをかけようとすると、小さい音で「ジジジジジ」などの音がしている

・左右ウィンカーは最初は「カッチカッチ」と点滅が普通だが、すぐに点灯しっぱなしになったり、もしくは消える

・キックでエンジンがかかる、もしくはかかりそう

 


[バイクいじりが趣味の青年に救われた]

で、そのタクシーで出勤した仕事先でたまたま一緒に仕事をしている青年がバイクいじり好きだったのです。

しかも、知人からお金を取って修理する程度のスキル。
そこで、「バッテリーを交換すれば直るかもしれないです」と。

しかも、「キックでエンジンがかかるかもしれないですよ」と。

※この時点で私にはキックスタートを試すという思考がなかったので朗報でした。
 「あ、そうか」と。

で、帰ってからキックスタートを試してみると、エンジンかかりました。
それで、某所に停めていたのですがそこから自宅まで原付で走行してかえりましたとさ。

しかし、めでたしめでたしではなかったです。
「お、キックでかかるから3時間後にある仕事にも間に合うな」と思っていた矢先、
「お、キックでもエンジンつかない。エンジンかかったけど、ぶるんっぶるんっ、乗り心地はまるでロデオマシーンじゃないか」

というような事があり、結局またタクシーを使い、合計2回タクシーを使ったという結果でした。

その時点でどうやらバッテリーが底をつきたらしく、キックスタートであっても正常にエンジン走行できなくなっていたようです。

 

 

[4880円でバッテリーを買いました。]

アマゾンなら、台湾ユアサ製のバッテリーが2000円台で買えます。

しかしアマゾンでは発送到着までに日数がかかる、仕事があるしもうこれはしょうがないと。

そこら辺にあるお店で買うと1.5倍~2倍くらいの価格になるだろうけれどしようがない。
と、自宅から一番近いバイクショップでバッテリーを買いました。

 ↓ちなみにアマゾンですと

 

こんな感じです。

 

[まずはバッテリーの取り外し~規格まで]

レッツ4の足を乗っける部分のふたを外してみると、黒と赤の線で繋がっているバッテリーがあります。
これを外します。外すときは黒(-)を先に外して赤(+)を後に外すとか、自動車であれば順番があるようです。
車のボデーの金属部分がアースの役割になっていてマイナスだからだそうです。

ただ、トゥデイやレッツ4には外すときに接触するような金属部分もなく、どちらから外してもいいよと言われています。

までも、作法と礼儀に従って黒から外しました。(特に意味はないんですけどね。車体も収納部分もプラスチックなので)

私が使っているレッツ4に入っていたバッテリーの規格は、「FT4L-BS」でした。

この規格と、電圧(12V)とアンペア(3Ah)を紙にメモして向かった先は、

オートバイ用品専門 2りんかん(https://driverstand.com/tenpo/top/index2.html)さんです。driverstand.com

 

で、購入したのがこちら。

f:id:hanatayan:20171101090437g:plain

 

ドイツ製のAZBatteryです。
購入動機は、店員さんからFT4L-BSと互換性があると言われ、お店で1番安かったからです。

店内にあるユアサのバッテリーは1万円以上するとかで、いくら「国産なので信頼性が高い」と言っても高すぎるだろうと思い、「台湾ユアサのバッテリーは置いていませんか?」と尋ねたくなりましたが、「(そういった安っぽいお店じゃないのかな?)」とか思ったり、「(ドイツ製かあ。たまにはユアサ以外のものも試すのにいいかな。どうせ消耗品だし買い換える機会はたくさんある)」と思い、これを購入しました。

f:id:hanatayan:20171101090508g:plain

 

[バッテリー交換 実装]

1分で終わりました。

f:id:hanatayan:20171101090550j:plain

 

上の写真は新しいバッテリーを実装後の写真です。

いや、実際には
・古いバッテリーを外す(1分)

・バッテリーを買いに行く(1時間) 

・新しいバッテリーを装着する(1分)

で、買いに行く時間は省いても前後計2分でした。 

 

ご覧の通り、収納スペース内、及び車体自体もプラスチックなので電気的接触の可能性はほぼなく、+極から外そうがマイナス極から外そうがスパークしてヒューズが飛んだりとかは確かにしなさそうです。

 

使用した工具は、六角レンチと+ドライバーでした

 

以上、バッテリーの交換でした。

 

ちなみに、今回は購入したそのままで交換しました。

液注入タイプの場合はこちらから→原付の直し方 レッツ4 トゥデイ バッテリー 交換 液注入 篇 - はなたやんの読書日記 ~政治経済~

 

 

 

 

[ 関連記事 ]

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

hanatayan.hatenablog.com

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。

fpsゲームWORLD OF TANKSの実況動画です。
よかったら見ていってください。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村

アサヒ クリアアサヒ吟醸をのんでみた。

コンビニで、「クリアアサヒ」の吟醸が置いてありました。

 

クリアアサヒ吟醸」というネーミングも、金地に黒いラインで吟醸というデザインにも惹かれたました。f:id:hanatayan:20171011031434g:plain

まずはじめに断っておきたいことは、私は生ビールで言うならアサヒスーパードライよりも「麒麟一番搾り」か「サッポロ黒ラベル」派です。

(もちろん、サッポロエビスとかサントリープレミアムモルツは別格ですがちょいと置いておきます。よなよなエールとか江戸ビールとかもとりあえず別枠です)
で、一番搾り黒ラベルかはその時々でハッキリしないですが、「キレ、サッパリ」よりもコクが欲しいタイプです。

 

で、だいぶ前にコンビニで第3のビールを何種類か買ってきて、自宅で1人で飲み比べをしました。
その時の感想は、「クリアアサヒは他社のものに比べて麦の香りが強いなあ」というものでした。

しかしこれがあまりあてにならないもので、飲み比べでその時思った感想と、後日飲んで思う感想が違う事が多々あります。

飲んだ時の体調や、例えば仕事でどれだけ疲れた後に飲んだかとか、もちろん飲む相手が違うとか、そういったものでだいぶ変わってくるのでしょう。
同じ1人で飲み比べをしようという設定でも、以前の感想とは違う評価になったりします。

で、第3のビールの飲み比べはいかに無駄かという事を感じていたりするわけです。

7年くらいしていないと思います。

お酒を飲むこと自体が読書の敵と言いますか。

 

それで今回のクリアアサヒ吟醸を飲んだ感想ですが、

クリアアサヒとの違いがハッキリわかりませんでした」

 

飲み比べなんて、第3のビールでやるものではない。

カルピスとコーラくらいの違いでやるとわかりやすい。

そういった事が思い起こされました。

 

違いがわかるかお試ししたい方は買ってみてください。

 

 

私には、飲み比べれば飲み比べるほど、クリアアサヒ、金麦、麦とホップ、の違いがわからなくなります。
違いというか特徴がですね。

酔いつぶれたからではなく、何度も別の日に試せば試すほどです。