読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教育に関する考察 ジョン・ロック

将来の社会を作るのは子供や若い人が実力を蓄えて40代くらいになってからでしょうか。

子供を育てるという事はその一歩です。

そこで今回は、

 

教育に関する考察

ロック 著

定価 700円

 

ジョン・ロックというと統治二論など政治への発言があれですが、子育てに関する書も残しています。

この本内容は、ロックが知人である貴族に送った子育てに関する手紙です。

子供の成長に関しては現代の専門家教授諸氏の方が詳しいと思います。

このロックの本では、子育てに関する具体例を挙げていますが、現代で言えば素人が考えたような、言い換えれば皆さん共感できると思います。

具体的に被験者を抽出して研究した事ではなく、おばあちゃんの知恵袋、ロックは男なのでおじいちゃんのなんとか袋的な書簡だと思います。

そこで☆1つです。

ちまたの現代の子育て本も結局はそういうものが多く出回っていると考えれば、新か旧かと言ったもので、これを読んであとは現代の専門書なり実例集を読むことをお勧めします。

 

[追記]

3歳くらいまでの幼児子育てには、以前NHKで放送された番組”ママたちが非常事態!?”及び”ママたちが非常事態!?2”がユーチューブに上がっています。

人の脳がそもそも核家族環境で子育てできるようにできていないとか、夜泣きやイヤイヤ期は当たり前だとか、夫との関係などが特集されています。

ジョンロックの教育論よりもこちらの方が現実的なのかもしれません。

[2016.10.22 sat 更新]

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村