EPA DHA 読書に良い栄養

EPA血液サラサラ効果(血中の脂肪を抑制する形の血液サラサラ)。

DHAシナプスの細胞膜の材料。

 

厚生省が1日の摂取の目安にしているのが各1gです。

1g=1000mgです。

 

EPADHAが多い食材は青魚などの大型魚が多いそうです。

さけ(鮭) 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical
EPADHA自体は植物プランクトンにあるようですが、海洋の食物連鎖でそれを動物プランクトンが食べ、それを小型の海洋生物が食べ、それを大型魚が食べる。

その為サケやマグロなどにEPADHAが蓄積されているようです。

サケやマグロ自体がEPADHAを生成しているわけではないです。

寒い地域の陸上で言うと魚を主食とするアザラシなどがあの一見すると脂肪たっぷりの巨体にDHAEPAが入っているようです。

そう考えると、地球生物の食物連鎖の頂点にいる人間にはたくさんの栄養素があるのかなあと思いますが、現代社会の不規則な生活と不健康な食生活を送っている方にはタンパク質と脂質と炭水化物しか栄養がないのではないか?

とそう思ってしまいます。
「見た目はかわいらしい女性だけれど、栄養は足りているのか?」
「服だけを着飾っているだけじゃあないのか?」
そういった目で見てしまいます。
カニバリズムはよくないですが、現代人の栄養価について心配された方は

[ネイチャーメイド EPADHA]

 

 

[ネイチャーメイド マルチビタミン]

 

 

オメガ3不飽和脂肪酸
魚食をしないとここら辺が不足しがちのようです。
(ちなみに必須不飽和脂肪酸のオメガ6脂肪酸の方はナッツ類などに含まれています)

サントリーのごまのセサミンの販売ページを見ると、魚に含まれるDHAEPAの量は調理の仕方で変わってくるようです。
生の切り身は100%として、焼き魚は20%(80%減少)、揚げ物は50%になるようです。

そして、EPADHAは酸化しやすいようです。

ただ、サントリーのごまの名前の付いたその製品のEPADHA含有量を見ると、少ないように思います。

ちなみに、上記ネイチャーメイドEPADHAの含有量よりも少ないですサントリーのものは。
サントリーのごまのものには上記ネイチャーメイドのものには含まれていない栄養素も含まれているとはいえ、今回はDHAEPAを摂りたいというわけですから、出来れば含有量がネイチャーメイド以上のものを選びたい所ですね。

ちなみに、「ネイチャーメイドEPADHA」の栄養素の含有量は1タブレットでEPA162mg、DHA108mgです。

厚生省が推奨している1日の摂取量が1g(1000mg)ですからかなり足りないですね。

魚に多く含まれていると言っても、魚によって量が違っていて、このページの上の方で掲載した鮭がEPADHAの含有量が優秀なのかなあと思いました。

さけ(鮭) 食の栄養 食材の栄養 医学・健康情報サイト J-Medical



そこで、

 

スーパーだと、昔は鮭の切り身が1切れ¥98とか¥78で売られていたのですが、最近はどうでしょうか。
まあ、あれらは冷凍の切り身だったのですが(サーモンは寄生虫を死滅させるために冷凍が必要です)、上の鮭も冷凍配送で同じです。
ただ、プライスが¥1500と書いてありますが、そこに配送料が¥800追加されます。
つまり、2㎏¥2300で、100g辺り¥115です。


スーパーで買うともっとやすいか、もしくはとんとんかもしれないですが、最近はネットで鮭の切り身を注文する時代になったなあと。
自分で注文しながら便利だなあと思っています。

 

 

[ここからちょっと拙い内容を長々と書きます]

それで、上記にサプリメントのアマゾンへのリンクを貼っていますが、私は今34歳ですがこれ結構効いています。
効果を実感できます。

今現在私は恥ずかしながらコンビニのアルバイトをしています。
それで先月はコンビニのバイトだけで30万円稼ぎました。
今月は32万円稼ぐ予定です。
内訳は、夜勤週6日、日勤週3日です。
それで、この日勤の3日と夜勤が被る日程になっていて、週3日間は睡眠時間が極端に少ないです。
例えば、22時~8時の1時間後に9時~17時出勤して、今度は22時~6時に仕事をしてまた9時~17時仕事をしてまた22時~6時・・・といった感じです。
寝る時間がないわけではないですが、どうしても3日連続で夜昼夜昼夜昼夜のようになります。
まとめて1カ所で16時間通しで労働なら通勤他雑多時間を引いても1日に6時間はあるのですが、そうではないので3日間だけ睡眠時間が少ないです。
場合によっては寝ないで出勤します。
それで恥ずかしながら34歳です。

人の筋肉(筋繊維の数)と言うのは、30歳を超えると10年で10%減少すると言います。(ただし筋トレをすると筋繊維ひとつひとつが太くなるといいます)
34歳ですから、20代の時と比べておおよそ5%減少していると考えられます。
30代を超えると肉体の衰えが感じられると一般には言われる年齢です。

若い時は身体全体で筋肉にグリコーゲンが300g程蓄えられているわけですから(アスリートの筋肉には500g貯蔵できると言います)、筋トレをしていない50歳の成人男性だと60g減の240gが最大貯蔵量になります。
(もちろん肝臓にも貯蔵されますが)
その34歳の身体の曲がり角の私が、サプリメントを摂取して効果を実感する事が出来ています。

20代の頃は不規則な生活をかえりみて確かに体の事を考えサプリメントを摂取したこともありました。
がその時はあまり効果などの実感が湧かず長続きしなかったです。
しかし、今は実感できます。

その為には、まずサプリメントを食事と一緒に摂取する事でした。
34歳で、コンビニバイトだけで月30万円以上稼ぐとなると、どうしても体の疲労が抜けなかったです。

足の疲労が徐々に蓄積されて行きます。
で、オラクルの社長が「若い時に精を漏らし過ぎたのは良くなかった」というように、女性には下品な話ですみませんが、ナニをすると結構精液に栄養を持っていかれているような脱力感があります。
20代の頃は、精を漏らすについても、またサプリメントについてもあまり無頓着かもしれませんで、それは若かったからでしょう。
放っておいても情熱と精力が湧いてくる時代というか。

しかしこの年になると、オラクルの創業者の言葉、もしくはワールドメイト深見東州(半田晴久さん)の言葉が身に染みてわかります。
精液にはEPAも含まれているんですね。
赤血球のない体液と同じだというぼんやりとした認識しかなかったのですが、常に自分を精力的に保つには大切なものだと今は思っています。
足の疲労回復度に差がはっきりしていますので。

で、今は精を漏らさず、食事の間食か食後直後にマルチビタミンEPADHAタブレットを飲んでいます。
それも、各容器に表示されている1日の摂取量を超える量を飲んでいます。
具体的には、ネイチャーメイドマルチビタミンは推奨1日1タブレットの所を2タブレット
同製品EPADHAは推奨1カプセルの所を2~3カプセル、もしくは4~5カプセル1日に飲んでいます。
それも、口さみしい時ではなく、必ず食事とセットで摂取しています。

リポビタンやレッドブルといった栄養ドリンクを飲むと元気になるという方がいますが、私はあれこそ気の持ちよう、いわばセルフマインドだと思っています。

プラシーボ効果というか。

液体なので腸内における停滞時間が少ないというか。

特にあれらは甘~い糖分が直接的な主な効用だと聞いたことがあります。

 

食事と一緒にサプリメントを摂るのはおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村