アサヒ クリアアサヒ吟醸をのんでみた。

コンビニで、「クリアアサヒ」の吟醸が置いてありました。

 

クリアアサヒ吟醸」というネーミングも、金地に黒いラインで吟醸というデザインにも惹かれたました。f:id:hanatayan:20171011031434g:plain

まずはじめに断っておきたいことは、私は生ビールで言うならアサヒスーパードライよりも「麒麟一番搾り」か「サッポロ黒ラベル」派です。

(もちろん、サッポロエビスとかサントリープレミアムモルツは別格ですがちょいと置いておきます。よなよなエールとか江戸ビールとかもとりあえず別枠です)
で、一番搾り黒ラベルかはその時々でハッキリしないですが、「キレ、サッパリ」よりもコクが欲しいタイプです。

 

で、だいぶ前にコンビニで第3のビールを何種類か買ってきて、自宅で1人で飲み比べをしました。
その時の感想は、「クリアアサヒは他社のものに比べて麦の香りが強いなあ」というものでした。

しかしこれがあまりあてにならないもので、飲み比べでその時思った感想と、後日飲んで思う感想が違う事が多々あります。

飲んだ時の体調や、例えば仕事でどれだけ疲れた後に飲んだかとか、もちろん飲む相手が違うとか、そういったものでだいぶ変わってくるのでしょう。
同じ1人で飲み比べをしようという設定でも、以前の感想とは違う評価になったりします。

で、第3のビールの飲み比べはいかに無駄かという事を感じていたりするわけです。

7年くらいしていないと思います。

お酒を飲むこと自体が読書の敵と言いますか。

 

それで今回のクリアアサヒ吟醸を飲んだ感想ですが、

クリアアサヒとの違いがハッキリわかりませんでした」

 

飲み比べなんて、第3のビールでやるものではない。

カルピスとコーラくらいの違いでやるとわかりやすい。

そういった事が思い起こされました。

 

違いがわかるかお試ししたい方は買ってみてください。

 

 

私には、飲み比べれば飲み比べるほど、クリアアサヒ、金麦、麦とホップ、の違いがわからなくなります。
違いというか特徴がですね。

酔いつぶれたからではなく、何度も別の日に試せば試すほどです。