性格の不一致とよく言うが

私はこれは厳密には

性格の不一致ではなく、人間の至らなさだと思っている。

 

それをオブラートに包んで性格の不一致と言っているのだろうと思うわけである。

 

厳密には、人間は完全な存在ではないと言ってみたり、

性格の良し悪しもあるだろうし、これをコンピュータのようにデータと言えるかもしれない。

 

率直に言えば、性格も素直で社会経験も豊富であれば、性格の不一致などないのではないかと思うのである。

正確には、性格に不一致があっても性格の不一致だと文句を言う事はないのではないかと思う。

 

性格の不一致を文句として使う場合は、どちらかが未熟であるか、

もしくは両方未熟である可能性が高いのではないだろうか。

実際は性格の違いではなく、いまだ人として成長していない部分があるというのか。

 

そうすると、未婚の私は今さら恋愛感情が1番先頭に立ってエモーショナルに結婚を考えるものでもないので、

セックスの快楽とか、一時のアバンチュールを糧にして生涯共に過ごす相手を決めるなんてことはないのである。

 

 

継続して生活する相手と考えると、まともな方を所望します。

 

そうすると神と結婚するしかないのか?

と思ってしまうが、女神の中で思考視野が高密度な女神ってどれほどいるのかと考えると、あまり期待しているわけではない。

 

それはともかく、現実的に考えると、

若い時に恋愛感情で結婚し、昔の恋愛を糧に仁愛と義を重ね継続していくタイプと、

年を取ってからお互いまあまあの人間的熟成度で継続していくタイプの2通りが考えられるが、

 

まあ、自分が若い子に思うのはそのどちらかである。

若い時に純粋に恋愛で結婚するか、学校卒業後徹底して色々社会経験をしたもの同士でケコーンするか。

 

 

いずれにしても、性格の不一致なるものは、実際は人間力の問題だと思うのですよ。

もしも本当に単純な好みの違いであれば、妥協したり協調性を持てばいいだけの話です。

場合によってはA案とB案がぶつかりあうなら新しくC案を生み出すという事も可能なわけです。

 

セックスの快楽や恋愛のときめきだけが夫婦や家庭の大部分を占めているわけではないので、一時のドヴュッシーが、

子供のいる子育ての期間や、夫婦の時間という共同生活体という家庭といった時間を生み出すわけで、

 

そうすると、至らないパートナーを選ぶとか、自分自身も至らなくなろうとか、

動物の世界ですねこれは。

 

この動物の世界とは、「高学歴で知性がある」からとかは関係ないのがミソです。

高学歴で知性があるだけなら魔界にもいるでしょうし、日本なら金毛九尾とか、

これもまたスピリチュアルの語彙を出しましたが、

宗教団体ワールドメイトにいた名残りです。

 

まだから高学歴で知性があるといっても離婚します。

例えば勝間和代とかも高学歴で、マッキンゼーやなんとかで働いていましたが

離婚していますし。

 

なので、バランスドレギュラーじゃないですが、

バランスもただ単にバランスがいいのではなく、各項目で最大値が大きい大きなバランスドレギュラー。

こんな神のような男性、もしくは女性であれば、性格が合おうが合わなかろうが、

「性格の不一致でー」と文句が出るわけもなく、性格の違いは違いで尊重できるわけです。

 

 

なので、実際の所は性格の不一致ではなく、いざ一緒に暮らした時に出てくるところどころの至らなさ、アラというのか、看過できないバカさ加減が大きくではないかもしれないけれどもところどころ出てくるわけです。

そうすると、それはその所作が出てくるという事はそれらの所作をまとめあげると、

要するに至らない相手、人生経験の未熟な者と一緒になったのです。

 

 

それを想像するだけで、私は結婚に対して慎重になります。

 

靖国神社辺りを散策していた時、30代後半~40代の女性3人連れが歩いていました。

で、「私たちには若い子にはない人生経験があるもんね」というような、

そういうような事を話しているのを小耳に挟みました。

 

いや本当結婚するならそれくらい言えるような自信がある東京の人生経験豊富な女性と結婚した方が家庭を持った時楽かな~と、考えたりします。

性的に肉体を見るのであれば、10代20代の方がいいと思うのは人間として当然の事ではありますが、結婚して、子供を育てて、家族として生涯共にいると考えると、

そういったただのキャッリアウーマンではなく、人生経験豊富なキャッリアウーマンの方がいいのかなあと思う今日この頃であります。

 

 

 

で、ちょこっと自分の作成した動画を掲載。

fpsゲームWORLD OF TANKSの実況動画です。
よかったら見ていってください。

www.youtube.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
にほんブログ村